*

お休み時のハートにご用心!ホリデーハート症候群とは?

皆さん、あけましておめでとうございます。

JISAより、新春のお慶びを申し上げます。

 

さて、新年初となる本ブログですが、

おそらく年末年始、暴飲暴食とまでいかないとしても、

いつもと比べれば、やや食べすぎ、ちょっと飲みすぎ、

なんて方もいらっしゃることでしょう。

 

お正月休みにかぎらず、休日が数日続くようなとき、

飲みすぎたり食べすぎたりして、

心拍数に異常をきたし、心臓発作や不整脈が起こるなど、

心臓の不調が生じる場合があります。

今回のJISAブログは、

この「ホリデーハート症候群」と呼ばれる事象を取り上げます(healthline参照)。

 

 

■ホリデーハート症候群とは?

クリスマスや新年のホリデーシーズンに、

お酒を飲みすぎたり、脂っこい食事を摂りすぎたりすることが原因で、

心臓発作や不整脈を起こすことがあり、

これを「ホリデーハート症候群」といいます。

とある調査によると、クリスマスや新年のお休みのあいだ、

心臓発作のリスクが15%も上昇するとのことで、

やはり羽目を外して飲みすぎ/食べすぎたりすると、

心臓に良くないことが起こりやすいということのようです。

 

ハートビートカーディオバスキュラサポート

 

 

■アルコールと心臓の健康

お酒、アルコールが、

交感神経と副交感神経に影響を与えることは知られていますが、

心臓への影響について詳しいことはよく分かっていません。

休暇中は、アルコールの摂取量が増えるだけでなく、

知人や友人、親戚一同と会したり、

贈答品のやりとり、パーティーや宴会の開催など、

なんやかんやでストレスも増えるときです。

さらに食べる方もカロリー過多となりがちで、

心臓にはあまり良い影響がありません。

 

そんな時、心臓の鼓動がおかしい、

速くなったり、途切れたりしたら、

すぐに休むようにしなければなりません。

といっても、ホリデーハート症候群自体は

決して致命的なものでもなく、しばらく休めば、

必ず回復するものです。

ただし、めまいや呼吸困難、胸痛、意識を失う、

などのケースでは、すぐ病院に行く必要があります。

不整脈ぐらいならまだ診察を受ければ何とかなりそうですが、

心臓まひや心不全となると、問題は深刻です。

 

今回のJISAブログは、

休暇時に発生しやすい心臓の不調、

「ホリデーハート症候群」についてでした。

長期休暇にかぎらず、週末なども

ふだんと違う飲み方&食べ方をしてしまったときは、

ご注意ください!

本年もJISAをよろしくお願い申し上げます。

 

 

カーディオピーク・ホーソン&アルジュナ

 

関連記事

秋の夜長も、着々と。

ちょっとだけ暑さが落ち着いてきた、今日この頃。 皆様は、いかがお過ごしですか。 お盆休みは終

記事を読む

緑茶orコーヒー、健康に良いのはどっち?

皆さま、こんにちは。JISAです。 アフタヌーンティー、といえば英国の習慣ですが、毎日の生活

記事を読む

精子を増やす方法ってあるの?

  みなさん、こんにちは!JISAです♪   子どもが出来ない

記事を読む

新商品をピックUPします♪

皆さん、こんにちは。JISAです。 10月になりました。ご機嫌いかがでしょうか。 今回

記事を読む

年末はお腹の中も大掃除!

今年ももう残すところあとわずか。 ご自宅の大掃除はもうお済みですか。 身の回りをすっきりさせて新

記事を読む

ストレスはがん細胞の成長を刺激する!

皆さん、こんにちは。JISAです。   慢性的なストレス、というと、文字どおり

記事を読む

JISAで潤う、お肌も心も♪

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。 JISAスタッフは全員元気ですよ! ようやく夏の暑さも和

記事を読む

暑い夏へ向けてのオススメ商品

日毎に日差しが強くなるこの季節、 特に女性の方には紫外線が気になる季節となりました。 でも日

記事を読む

2020年スタート!脳機能アップで走り出そう♪(その1)

JISAです。あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い申し上げます。

記事を読む

これからの時期にぴったりの新商品!

今回は夏場の汗が気になる方へおすすめの新商品のご紹介! 【パースピレックス・ロールオン】

記事を読む

知っていますか?男性の更年期

この記事の目次男性の更年期対策・適切な食事をとる・しっかりとした睡眠

みそ汁のパワーに迫る

こんにちは、JISAスタッフです。つい先日、ネットを見ていたらちょっ

梅雨でも紫外線には要注意?!

温かくなってきたし日差しも強くなってきたら、日焼け止めを塗ろ

不安を自然とやわらげる10の方法

ストレス社会の現代において、いつどこにおいても不安はつきまと

上手に昼寝をとって、充実した午後を過ごそう♪

ランチの後にちょっと居眠りをしてリフレッシュ!昼寝には、頭を

→もっと見る

PAGE TOP ↑