*

プロテインパウダーとの上手な付き合い方

皆さん、こんにちは!JISAです。

 

今回は、プロテインパウダーの話をします(CNN参照)。

 

プロテインパウダーの市場は2020年までに、
75億米ドル(約8454億円)にまで拡大するといわれています。

 

ベジタリアンの方のたんぱく補給、
アスリートの方が筋肉を付けて競争力を高めるため、
また普通の人がたんぱく質は摂りたいけれど、
脂っこいお肉は避けたいような場合など、
理由はいろいろありそうですね。

 

まず基本を押さえておきましょう。

 

プロテイン(たんぱく質)とは?

プロテインは、
筋肉や毛髪、皮膚、爪など身体づくりの原料です。
プロテインパウダーは、
牛乳や大豆、植物などたんぱく質を含む食材を脱水した粉です。

厳しいトレーニングをするアスリートは、エネルギー消費が大きく、
酷使された筋肉を修復・再生しなければならないため、
必要とされるたんぱく質の量は、普通の人の約2倍といわれています。

 

ベジタリアンの多くは、お肉や乳製品、卵など動物性食品を摂らないので、
これを補う目的で、プロテインパウダーを利用されています。

 

1日に必要なたんぱく質の量

厚生労働省による、たんぱく質の推奨必要量は、
成人男性で60g成人女性で50gとされています。

 

本ブログの参考サイトは米国のものですが、これによると、
体重1kg当たり約0.8gのたんぱく質、つまり、

体重50kg だと 40g
体重60kg だと 48g
体重70kg だと 56g
体重80kg だと 64g が必要量となります。

 

日本も米国も、だいたい同じぐらいですかね。

 

ただ、これらの推奨必要量は少ないのでは…、
という意見もあるようです。

 

ある栄養士は、
「ひとは年をとると、筋肉量が減る。アスリートでなくても、
筋肉量を維持するために、十分なたんぱく質摂取を心がけるのがよい。
1日の摂取カロリーのうち20~25%はたんぱく源から摂るべきで、
かりに1日の摂取カロリーを2,000とすれば、100~125gとなる」
との意見。

 

フムフム。ほぼ倍、かなり多くなっていますね。

 

とはいえ、たんぱく質の必要量は、各人それぞれです。
高齢者や病気から回復しつつある方などは、
普通の人より多くたんぱく質を摂取する必要があります。

 

プロテインパウダーのメリット

まず何といっても、便利&簡単
マラソン大会に参加して、終わった後、
ヨーグルトやナッツをむさぼるわけにはいきません。
(別にダメというわけではないですが…)
プロテインパウダーであれば、水などに混ぜてサクッと飲めます。

 

たんぱく質摂らなきゃ~なんだけれど、
いまいちチキンやポーク、フィッシュに食欲がそそられないような時、
プロテインパウダーであれば、簡単に摂取できます。

 

そもそもたんぱく質(プロテイン)は、
食べ物として満足感(満腹感)にすぐれています。
なので、食べ過ぎることもないし、
かつ筋肉量キープ=高代謝キープすることができます。

 

低カロリーのプロテインパウダーのメリットはここにあります。

 

プロテインパウダーのデメリット

プロテインパウダーの利用を始めると、
たんぱく質の摂り過ぎになることがあります。

 

たんぱく質を摂り過ぎると、
吐き気や疲労、腹痛、頭痛などが起こる場合があり、
また腎臓に負担をかけることになるので、
腎臓に問題のある方は注意が必要です。
カルシウムの排出が進むので、
骨粗しょうの原因にもなりかねません。
あと脱水症状というリスクとしてあります。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。

 

まあ、摂取しているプロテインパウダーの用量用法を守っていれば、
問題ないかと思います。

 

プロテインパウダーとの上手な付き合い方

もしあなたがプロテインパウダーの利用を始める場合、
まず気を付けなければいけないのは、
脱水症状を避けるため、たっぷりの水分摂取をすることです。

またプロテインパウダーは、
すぐ筋肉がつく!すぐ痩せる!のような、
マーケティングの煽りの大袈裟なものが多いので、
定評あるメーカーの高品質なアイテムを選ぶようにしましょう。

 

JISAでは、厳選されたメーカーによる、
厳選されたアイテムのみを取り扱っております。

 

JISA筋トレ&ダイエットサポート商品比較一覧表にて、
「成分・目的別」に、または「メーカー別」に分けて、
数多くのプロテインパウダーをご紹介させていただいております。

ぜひご参考に、
日々のトレーニングや生活の質(QOL)の向上にお役立てください♪

関連記事

【プレゼントキャンペーンのお知らせ】

対象商品は、花粉症対策の定番アレグラ! アレグラは、世界で最も消費されている第2世代抗ヒスタミン薬

記事を読む

旅行に便利ルミキシルセット

夏休みの家族旅行の計画を立てておられる頃かと思いますが、 旅行にいつも使っている化粧品一式を持って

記事を読む

息が白む季節。歯も白くしてみませんか?

本格的に寒くなってまいりましたが、 みなさんは、いかがお過ごしでしょうか。 朝の通勤・通学の

記事を読む

育毛界にニューウェ~ブ!「攻め」と「守り」のコラボレーション!

育毛界には、自身の毛髪を育てて、髪の毛を増やす「攻め」の育毛 と、 抜け毛を防ぐことにより、髪の毛

記事を読む

白髪と食生活の因果関係

皆さん、こんにちは。JISAです。   今回のテーマは「白髪」についてです。

記事を読む

愛のホルモン溢れてますか?

以前よりJISAで絶大な人気を誇っていた「チョコレートラブ」の改良版、 「チョコレートラブDX」

記事を読む

JISAなら、体外からの検査キットもお手軽です♪

先日、JISAのブログで、体内の検査キットをご案内致しました。 この機会に検査してみようかな?

記事を読む

とっても便利!?JISA会員限定マイページ♪

皆さん、こんにちは。JISAです。   何度かJISAブログで便利機能をご紹介

記事を読む

世界もJISAも注目の最新健康サプリ!

5月にも関わらず汗ばむ日が続いていますね。 皆さんいかがお過ごしですか。 弊社JISA社員は

記事を読む

高血圧の話(3):血圧を下げる薬剤いろいろ

皆さん、こんにちは。JISAです。 今週のテーマも、高血圧です(MNT参照)。 &nbs

記事を読む

知っていますか?男性の更年期

この記事の目次男性の更年期対策・適切な食事をとる・しっかりとした睡眠

みそ汁のパワーに迫る

こんにちは、JISAスタッフです。つい先日、ネットを見ていたらちょっ

梅雨でも紫外線には要注意?!

温かくなってきたし日差しも強くなってきたら、日焼け止めを塗ろ

不安を自然とやわらげる10の方法

ストレス社会の現代において、いつどこにおいても不安はつきまと

上手に昼寝をとって、充実した午後を過ごそう♪

ランチの後にちょっと居眠りをしてリフレッシュ!昼寝には、頭を

→もっと見る

PAGE TOP ↑