*

2型糖尿病の初期症状について

皆さん、こんにちは。JISAです。

本日のJISAブログのテーマは、「糖尿病の初期症状」です(MNT参照)。

 

糖尿病には1型と2型があり、

日本の糖尿病患者さんの約90%は後者。

ここでは、2型糖尿病の初期症状を挙げます。

糖尿病とは、血中の糖度が高くなりすぎることで、

いろいろと身体の不具合が生じてくる病気です。

その兆候に早めに気づくことで、重症化のリスクを軽減できます。

 

1)頻尿

血糖値が高くなると、

腎臓は、余分な糖を血液から排出しようとしますが、

これが尿の量を増やすことになり、頻尿につながります。

 

2)のどの渇き

余分な糖を排出するため、尿の量が増えると、

身体から水分が奪われていきます。

このため、強いのどの渇きを覚えるようになります。

 

3)いくら食べてもお腹が空く

食べた物は消化され、グルコースと呼ばれる単糖に分解され、

これが身体のエネルギーになります。

しかし糖尿病になると、十分なグルコースが、

血液から細胞に行き渡らなくなってしまいます。

細胞は、エネルギーとなるグルコースが不足し、

その結果、いくら食べてもお腹が空くという状態になります。

 

4)疲れやすい

全身の細胞において、

グルコース=エネルギー不足になるので、

当然ながら、身体が疲れやすくなります。

 

5)視界のぼやけ

血中の糖度が過剰になると、

これが眼の血管にダメージを与え、視界がぼやけてきます。

早い段階で適切な処置をとらないと、最悪の場合、

失明につながります。

 

6)傷の治りが遅くなる

高血糖になると、身体の血管と神経がダメージを受けます。

これによって、血液のめぐりが悪化し、

小さな傷や切り傷も、治るのに何週間も何か月もかかるようになります。

また、感染症のリスクも高まります。

 

7)手足のヒリヒリ感、まひ、痛み

高血糖によって血液循環と神経が影響を受けると、

手足にヒリヒリ、チクチク、まひ、痛みが生じるようになります。

これはニューロパシー(神経障害)と呼ばれ、

放っておくと、重篤な合併症をまねくことになります。

 

8)肌の黒ずみ

糖尿病になると、首や腋、股間のしわに、

まだらのような肌の黒ずみが見られるようになります。

黒色表皮症と言います。

 

9)かゆみ、イースト菌感染症

血中および尿中の高濃度の糖は、

イースト菌のエサになり、これが感染症につながります。

口腔や性器、腋など温かく湿った部位で、

イースト菌感染症が発生しやすくなります。

いわゆる、カンジダ症です。

 

以上、2型糖尿病の初期によく見られる症状9つでした。

JISAでは、数多くの糖尿病の薬、糖尿病ケアのサプリメントを

取り扱っております。「糖尿病」でご検索ください。

今後ともJISAをよろしくお願い申し上げます♪

 

関連記事

便秘によい食材(1)

皆さん、こんにちは。JISAです。 世の中のお腹の調子イマイチさんには、 二大勢力

記事を読む

新発売のアイテムをピックUPします♪

皆さん、こんにちは。JISAです。 8月も終わり、残暑お見舞い申し上げます。 さて今回

記事を読む

JISAのイチ押し商品で、自宅で簡単に頭皮やお肌のチェック!

10月10日は、体育の日ですね。 小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、 運動会に参加される方

記事を読む

新生活スタート!毎日が緊張。。

この季節、仕事や学校、転居などで環境が変わり、 「毎日が緊張」の方が多いのではないでしょうか?

記事を読む

DHEA(デハー)は、女性の性機能サポートにも良い

皆さん、こんにちは。JISAです。 令和な五月も半ば、木の葉の緑が美しい季節です。 &n

記事を読む

保湿の味方:尿素、カタツムリ、マヌカハニー

皆さん、こんにちは。JISAです。 秋たけなわ。 そんな季節にあわせ、今回のJISAブロ

記事を読む

慢性じんましんの原因9つ

皆さん、こんにちは。JISAです。 なにかを食べると蕁麻疹(じんましん)が…、 と

記事を読む

JISAスタッフも愛用の制汗ローション。

今年の梅雨明けは例年より遅いですね。。 とはいうものの、もう少しでようやく待ちに待った夏到来です!

記事を読む

中高年者のテレビの観過ぎ、脳の劣化にご注意!?

皆さん、こんにちは。JISAです。 コロナ禍になってステイホームの方が増えたことから

記事を読む

コロナがどうした!ナイトライフセットが超お買い得♪

皆さん、こんにちは。JISAです。 日本の新型コロナウイルスの感染者数は、 一日あ

記事を読む

みそ汁のパワーに迫る

こんにちは、JISAスタッフです。つい先日、ネットを見ていたらちょっ

梅雨でも紫外線には要注意?!

温かくなってきたし日差しも強くなってきたら、日焼け止めを塗ろ

不安を自然とやわらげる10の方法

ストレス社会の現代において、いつどこにおいても不安はつきまと

上手に昼寝をとって、充実した午後を過ごそう♪

ランチの後にちょっと居眠りをしてリフレッシュ!昼寝には、頭を

睡眠6時間神話、信じているのは日本人だけ⁉

この記事の目次:日本だけで流布する睡眠6時間説じゃあ何時間眠ればいい

→もっと見る

PAGE TOP ↑