*

シリマリンで楽しく飲もう!肝心要の肝機能ケア♪

 

みなさん、こんにちは。JISAです。

 

師走になりました!

これから忙しい毎日になりそうですね。

仕事も大変ですが、忘年会や宴会、パーティーなど、

お酒を飲む機会も増えてくる時節です。

 

さて今回は、この季節にぴったりな、

飲酒前に摂取すると良い成分(サプリメント)をご紹介いたします。

 

その名は、シリマリンSmartPublications参照)。

 

バイタルミーシリマリン

 

 

いくら飲んでもバテない?

 

「シリマリン、知りまへん?」

 

と、ツマランくすぐりは置いといて(汗)、

自身の体験から説き起こしたいのですが、

筆者は或る日、「今日は飲むぞ~」という日の夕方、

シリマリンを1粒140mg摂取しました。

 

その夜は串カツ食べ放題&ビール飲み放題の店で、

友人二人と会食だったのですが、

この二人が後半になるとバテ始めて、

ビールではなくウーロン茶や水を所望するようになっても、

筆者はいつまでもジョッキの生ビールを飲み続けていました。

たぶん9杯ぐらいは飲んだような記憶があります。

 

「アレ?なんだか今日は調子がいいな~」

 

と、微妙に有頂天だったのですが、

そういえば夕方、シリマリンを摂っていたのだと気づいて、

あらためてそのアドバンテージの確かさに感じ入ったのでした。

 

シリマリン140mg

 

 

 

シリマリンのアドバンテージとは?

 

さて、本題です。

シリマリンはなぜ、お酒飲みにうってつけなのか?

お酒、つまりアルコールを飲むと、

肝臓がアルコールという毒素を分解(無毒化)します。

 

どうもシリマリンには、この肝臓の無毒化(デトックス)作用を

劇的にサポートする働きがあるようなのです。

この働きのおかげで、アルコール無毒化サポートが進行し、

飲んでも気分が悪くならないというわけなのです。

 

(IrwinNaturals)ミルクシスルリバーデトックス

 

 

シリマリンの働く仕組み

 

・抗酸化作用

シリマリンは、抗酸化物質の一種です。

フリーラジカルは細胞に損傷を与えますが、

シリマリンは、アルコールというストレスで増えたフリーラジカルを撃退します

その抗酸化の威力は、ビタミンEの10倍以上といわれています。

 

・グルタチオンを増やす

グルタチオンは肝臓内で解毒作用を担っています。

グルタチオンが増えれば増えるほど、解毒作用は高まります。

シリマリンがグルタチオン増産をサポートするので、

アルコールの無毒化がどんどん進行します。

 

・肝臓のたんぱく質合成を刺激する

アルコールを摂ると、肝臓の細胞はダメージを受けます。

シリマリンは、肝臓のたんぱく質合成を刺激し、

肝細胞を新たに作ることで、

ダメージを受けた肝臓の細胞を新たに生まれ変わらせます

 

・炎症性物質の合成をブロックする

肝臓の細胞に炎症が起こり、

肝細胞が破壊される病気を「肝炎」といいます。

シリマリンは、ロイコトリエンと呼ばれる炎症性物質の合成をブロックします。

ロイコトリエンの炎症作用は、ヒスタミンの1000倍も強いといわれています。

 

ミルクシスルアドバンテージ

 

 

肝臓のガーディアンエンジェル

 

要するに、シリマリンは、すぐれた肝臓保護作用をもつ、

「肝臓のガーディアンエンジェル」といっていいかもしれません。

 

お酒飲みにとって、肝臓はもっとも大切な臓器。

この臓器のGood Job! がなければ、

飲酒という営みは成立しません。

シリマリンは、肝臓の保護と機能強化に大変すぐれた成分なのです。

 

シリマリンは、

マリアアザミ(ミルクシスル)と呼ばれる天然ハーブの有効成分で、

マリアアザミは美しい花を咲かせる野花ですが、

肝臓を修復・保護するパワーを備えているとは、なんとも不思議な話ですね。

 

 

 

ヨーロッパでは古くから肝臓や胆のうケアのために、

民間療法で利用されてきた天然ハーブのシリマリン。

飲み会シーズンで、皆さまの強い味方となること請け合いです。

 

JISAでは「シリマリン」を多数取り扱っております。

「シリマリン」にて、ご検索ください♪

 

関連記事

上手に昼寝をとって、充実した午後を過ごそう♪

ランチの後にちょっと居眠りをしてリフレッシュ!昼寝には、頭をスッキリさせ、集中力を高める効

記事を読む

秋といえばダイエット♪減量サプリ12選(その2)

皆さん、こんにちは。JISAです。 先週を受けて、ウェイトロスサプリご紹介の続きです。

記事を読む

JISAで始める、春の「毛活」。

ちょっぴり肌寒い日でしたが、みなさんもお花見は行かれましたか。 先日、JISAのメンバーでお花見を

記事を読む

ビタミンD不足に要注意!コロナ感染にも影響?

皆さん、こんにちは。JISAです。 米国では10万人を超えたそうです。 なにが?に

記事を読む

とっても便利!?JISA会員限定マイページ♪

こんにちはJISAです。   さて本日はJISAの 使って便利な機能が満載【

記事を読む

良い脂肪と悪い脂肪について

皆さん、こんにちは。JISAです。   春が近づいている今日このごろ、

記事を読む

風邪やインフルエンザの時季に気を付けたいこと

皆さん、こんにちは!JISAです♪   本日のJISAブログのテーマは、

記事を読む

消したい傷、ありますか?

身体の目立つ場所に、消したい傷ありませんか? ・火傷の跡を綺麗にしたい。 ・肌の傷跡が目立つ

記事を読む

腰痛ケア6つのレメディ、意外なポイント

皆さん、こんにちは。JISAです。 腰痛が悩みの種、という人は結構いらっしゃるようです。

記事を読む

ホントのワタシ、咲かせましょ。

まだまだ寒い日が続く、今日この頃。 皆様は、いかがお過ごしでしょうか。 三寒四温とも形容され

記事を読む

知っていますか?男性の更年期

この記事の目次男性の更年期対策・適切な食事をとる・しっかりとした睡眠

みそ汁のパワーに迫る

こんにちは、JISAスタッフです。つい先日、ネットを見ていたらちょっ

梅雨でも紫外線には要注意?!

温かくなってきたし日差しも強くなってきたら、日焼け止めを塗ろ

不安を自然とやわらげる10の方法

ストレス社会の現代において、いつどこにおいても不安はつきまと

上手に昼寝をとって、充実した午後を過ごそう♪

ランチの後にちょっと居眠りをしてリフレッシュ!昼寝には、頭を

→もっと見る

PAGE TOP ↑