*

免疫力UPのカギは腸内にアリ!?

公開日: JISA, 健康 , ,

こんにちは。JISAです。

コロナ禍が継続中の年末年始の日本列島は、数年に一度というレベルの大寒波に襲われました。

気温が低くなり空気が乾燥すると、ウイルスの感染力が強くなる(感染力をもつ時間が長くなる)ことが知られています。と同時に、人間の側でも、冷たい空気にふれて鼻の中の温度が下がり、免疫の働きが低下してしまいます。

寒い冬になって新型コロナ感染者数の増加が止まらない現況には、以上のような背景があるのでしょう。こんな季節ですから、各自じゅうぶんに注意をして、自身の身を守るしかありません。

さて、本日のJISAスタッフブログは、ウイルスから自身を防御する「免疫力」がテーマ。キーワードは「腸内環境」

JISAにて「腸内環境」で検索されますと、有用なアイテムをご覧いただけます♪

免疫系の80%は腸内にあり

「感染に強い」って、どういう意味でしょうか。新型ウイルスに罹っても、何ともない人、ちょっと風邪気味になる人、重症化する人、死亡する人といろいろなのは何故でしょう。決め手となるのは何といっても、免疫力が強いか弱いか、かもしれません。

では免疫力の強さは、どこで分かるのでしょうか。外見から判断できれば分かりやすいのですが、そうではありません。免疫システムの大半、80%が腸内環境に存していることが分かっています。

昨今、「腸脳相関」がよく言われ、気分(脳)の幸福度や落ち着き、安らぎが、腸内の環境に左右されている(腸内で作られる神経伝達物質のセロトニンに司られている)など、腸がメンタルに多大な影響を及ぼすことが分かっています。

さらに健康な腸は、なんと免疫力の有り様にも関係しているようです。

腸内、じつは外部?

腸はカラダの中にあるので「内部」と思いがちですが、口からつながっている長い管と見れば、ある意味で「外部」とも言えます。

免疫系は、外部から何か不都合なもの、異常なものが侵入してきた際、これに備えてカラダを保護するのが大きな役割です。腸内の壁にある細胞はバリアの働きをしており、これが免疫系と連絡しつつ、カラダにとって良いものと悪いものを識別しています。

良いものであれば体内に取り込み、悪いものであれば体外に排出します。コロナウイルスが侵入してきても、免疫バリアが優秀であれば、体内に取り込まれることはありません。しかしバリアの調子が悪ければ、ウイルスの侵略が進行してしまいます。そんなバリア、砦としての免疫系の働きを高めるには、どうすればいいのでしょうか。

腸内環境が良いと免疫力もUPする!

腸内には無数の腸内細菌が生息しています。それが花畑のように見えることから、「腸内フローラ(腸内細菌叢)」と呼ばれることもあり、免疫系の働きを健全に保つには、この腸内フローラがよろこぶような食事をする必要があります。

腸内フローラがよろこぶ?要するに、無数の細菌(バクテリア)のエサになるような食事をすることです。バクテリアがエサを食べると、カラダに良い物質(短鎖脂肪酸など)を産出してくれるので、免疫系の働きが上がります。

では逆に、バクテリア(とくに善玉菌)のエサにならないような食事をすると、どうなるのでしょうか。善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、腸内環境が乱れ、炎症反応が起こります。ストレス、加工食品、抗生物質などは、腸内環境を乱す最たるもの。

腸内で炎症反応が起こると、フローラは炎症を鎮圧するのに躍起となり、免疫の働きがおろそかになります。すなわち、免疫力の低下です。逆にヘルシーな善玉菌がエサを食べて適度に増えれば、腸内環境は平和になり余裕ができるので、免疫の働きも向上します。

腸内細菌がよろこぶ食事とは?

私たちは基本、自分の食べたい物を食べています。けれどもそのような食べ物すべて、腸内細菌がよろこぶものとは限りません。「医食同源」とも言いますが、カラダにとって良い食べ物、悪い食べ物があります。

5つほどのヒントをあげておきましょう。

  •  発酵食品
    納豆やキムチ、ヨーグルト、ザワークラウトなど、ヘルシーな善玉菌の元。
  •  食物繊維=プレバイオティクス
    善玉菌のエサになり、これを増やしてくれます。野菜や果物です。アスパラガス、玉ねぎ、にんにく、トマト、全粒粉の食材など。
  •  色とりどりの野菜
    ポリフェノールと呼ばれる抗酸化物質を含み、カラダの炎症反応を抑えてくれます。不溶性繊維も含み、善玉菌を増やします。
  •  運動
    歩いたり走ったりカラダを動かすことで、血行が良くなり、腸内の消化物の動きも活発になります。
  •  精製された炭水化物、加工食品、揚げ物、高糖質を避ける
    これらは腸内環境のバランスを乱します。

以上が、腸内環境を良くするためのヒントですが、JISAではこれに資するアイテムを取り揃えております。くり返しとなりますが、「腸内環境」でご検索ください。


今回のJISAスタッフブログは、腸内フローラをバランスのとれた花ざかりとすることで、免疫力がUPする!がテーマでした。

関連記事

睡眠6時間神話、信じているのは日本人だけ⁉

この記事の目次:日本だけで流布する睡眠6時間説じゃあ何時間眠ればいいの?眠らない国日本まとめ

記事を読む

保湿の味方:尿素、カタツムリ、マヌカハニー

皆さん、こんにちは。JISAです。 秋たけなわ。 そんな季節にあわせ、今回のJISAブロ

記事を読む

JISA徹底比較ページのご紹介♪

皆さん、こんにちは。JISAです。 本日のブログは、JISAの「徹底比較ページ」のご紹介です。

記事を読む

糖尿病薬と降圧剤のコンビ、抗がん作用を発揮!

皆さん、こんにちは。JISAです。   本日のテーマは、ある糖尿病の薬と降圧剤

記事を読む

新発売のアイテムをピックUPします♪(JAN17)

皆さま、こんにちは。JISAです。 本日のJISAブログは、 恒例の新発売アイテムのピ

記事を読む

コロナ禍のハイジーン対策アイテムご紹介

皆さん、こんにちは。JISAです。 本日のJISAスタッフブログは、一押しのアイテム二つのピ

記事を読む

汗、ニオイ対策ならJISAのコレがオススメ!

こんにちは、JISAです! 8月も後半になりましたが、まだまだ暑い日が続きますね。 みな

記事を読む

新発売のアイテムをピックUPします!

皆さん、こんにちは。JISAです。 本日のブログは、とくにテーマを設けずに、 新発

記事を読む

免疫力を高める方法

皆さん、こんにちは。JISAです。 風邪、インフルエンザ、それに新型肺炎…。 こわ

記事を読む

梅雨でも紫外線には要注意?!

温かくなってきたし日差しも強くなってきたら、日焼け止めを塗ろう…なんて、なんとなーくの感覚

記事を読む

知っていますか?男性の更年期

この記事の目次男性の更年期対策・適切な食事をとる・しっかりとした睡眠

みそ汁のパワーに迫る

こんにちは、JISAスタッフです。つい先日、ネットを見ていたらちょっ

梅雨でも紫外線には要注意?!

温かくなってきたし日差しも強くなってきたら、日焼け止めを塗ろ

不安を自然とやわらげる10の方法

ストレス社会の現代において、いつどこにおいても不安はつきまと

上手に昼寝をとって、充実した午後を過ごそう♪

ランチの後にちょっと居眠りをしてリフレッシュ!昼寝には、頭を

→もっと見る

PAGE TOP ↑