*

新型コロナワクチンの大規模接種がスタート!副作用の不安?

公開日: JISA , ,

皆さん、こんにちは。JISAです。

全国で新型コロナのワクチン大規模接種がスタートしました。他の先進国に遅れをとっているとはいえ、こんご感染拡大の封じ込めにつながることを希望するばかりです。

さてこのワクチン接種ですが、副作用を懸念する向きもかなりいらっしゃるようです。が、どんなワクチンであれ、どんな薬であれ、多かれ少なかれの副作用は伴うもの。今回の新型コロナ(Covid-19)の場合、疲労や倦怠、発熱、頭痛、身体の節々の痛み、悪寒、吐き気、下痢、注射部位の痛みなどが報告されています。

ワクチン接種による反応は、なんともない無反応の人もいれば、複数の副作用が出る人もいたりで、それこそ人それぞれ。本ブログは、副作用の不安を払拭すべく、自分でできる対策についてのご紹介です(MNT参照)。

市販のおクスリ

ワクチン接種後、かりに症状が出た場合は、医師や薬剤師のアドバイスを受けて適切な医薬品を服用しましょう。当然のことですね。

でも時と場合によっては、専門家に相談できないこともあるでしょう。そんな時、以下のようなポピュラーな抗炎症薬、解熱鎮痛薬が役立つ可能性があります。JISAでも取り扱いがありますので、ご参考ください。

  • イブプロフェン(アドビル)
  • アセトアミノフェンまたはパラセタモール(タイレノール)
  • アスピリン

セルフケア

注射部位の痛みや腫れ。おクスリに頼りたくないという方は、清潔なタオルを冷水で濡らして、湿布のように患部をケアすることができます。筋肉や関節の痛みにも有用かもしれません。

腕の凝りやこわばり、痛みがあるなら、これをできるだけ動かします。痛いのに動かすの?と思われるかもですが、血行を促してこわばりをケアできます。悪寒や微熱があるなら、脱水症状を避けるため、十分に水分を摂りましょう。

副作用はどのぐらい続く?

Covid-19ワクチンの副作用は、数日で収まることが大半です。それより長期におよぶ際は、病院に行きましょう。

副作用は、ある意味、うまくワクチンが機能していることを示しています。接種を受けた身体が「抗体」を作り出し、Covid-19の感染を防ぐための「免疫記憶」を発達させようとしています。

くり返しになりますが、ワクチンに対する反応は個人差があると言われています。かといって、これを恐れてワクチン接種を拒否するというのは自己中心的な考えになるかもしれません。社会のほぼ全体が「抗体」を獲得しないと、感染拡大は収まらないからです。

以上、本日のJISAブログは、新型コロナワクチン接種後の副作用についてでした。JISAにてネットショッピングを満喫ください。

関連記事

JISAのお得なポイント制度について

皆さま、こんにちは。JISAです!   お正月気分も少しは薄まり、 いよ

記事を読む

新春初売り・お年玉キャンペーンを開催!お見逃しなく♪

みなさん、こんにちは。JISAです。 突然ですが今回のJISAスタッフブログは、 &nb

記事を読む

ナチュラルな抗生物質5つ

皆さん、こんにちは。JISAです。   JISAではさまざまの抗生物質の取り扱

記事を読む

しっかりケアで理想的な髪の毛に!

みなさん、こんにちは! JISAスタッフブログです。   突然ですが、髪

記事を読む

サンシャインビタミン!ビタミンDのススメ♪

  皆さん、こんにちは。JISAです。   海外のサプリメント

記事を読む

中高年男性はご用心!低テストステロンの症候12つ

皆さん、こんにちは。JISAです。 本日のブログのテーマは、テストステロン(healthli

記事を読む

不安を自然に解消する方法10つ

皆さん、こんにちは。JISAです。 日本人は不安を感じやすい民族だといわれています。楽観的な

記事を読む

医薬品なみに効く!パワフルな天然由来サプリ4選ご紹介♪

こんにちは、JISAです。 2019年も残すところ僅かとなりました。 本年も、誠に有難

記事を読む

JISA徹底比較ページのご紹介♪

皆さん、こんにちは。JISAです。 本日のブログは、JISAの「徹底比較ページ」のご紹介です。

記事を読む

しっとり肌は老化にともなう病気を防ぐ

皆さん、こんにちは。JISAです。 本日のJISAブログは、お肌をしっとり潤わせることが、

記事を読む

知っていますか?男性の更年期

この記事の目次男性の更年期対策・適切な食事をとる・しっかりとした睡眠

みそ汁のパワーに迫る

こんにちは、JISAスタッフです。つい先日、ネットを見ていたらちょっ

梅雨でも紫外線には要注意?!

温かくなってきたし日差しも強くなってきたら、日焼け止めを塗ろ

不安を自然とやわらげる10の方法

ストレス社会の現代において、いつどこにおいても不安はつきまと

上手に昼寝をとって、充実した午後を過ごそう♪

ランチの後にちょっと居眠りをしてリフレッシュ!昼寝には、頭を

→もっと見る

PAGE TOP ↑