*

ナルトレキソンな話。え、何それ?

皆さん、こんにちは!JISAです♪

 

もう9月も後半、時の経つのは早いものです。

 

これからの秋の夜長、鈴虫の鳴き声でも聴きながら、

しっぽりお酒をたしなむ向きも多いかもしれません…。

 

お酒も、たしなむ程度であれば問題ありませんが、

依存」や「中毒」となると、厄介な話になります。

 

さて本日のJISAスタッフブログは、アルコールを始めとする、

厄介な依存や中毒のためのクスリのご紹介です♪

 

飲むと心地よいのはどうして?

 

酒飲みがなぜお酒を飲むかというと、

心地よい気分が味わえるからです。

 

心地よい、気持ちいい、楽しい、リラックスする、ハイになる…。

 

いろんな言い方がありますが、

これを正確に記述するとすれば、それは…。

 

「脳内で、内因性オピオイドが、オピオイド受容体に結合する」

 

現象と言えます。

 

お酒、はたまた麻薬(オピオイド系薬物)などを通じて得られる「陶酔」の、

物質的根拠がこれなのです。

 

お酒飲みがゴブゴブとお酒を飲んで、

多幸感を得ようとするのは、

「内因性オピオイドをオピオイド受容体に結合させよう」とする営みなのです。

 

内因性オピオイドは、「脳内麻薬」とも呼ばれ、

具体的にはβエンドルフィンやエンケファリンなどの、

快楽や鎮痛の作用をもたらす物質。

 

よく知られる「ランナーズハイ」は、

猛烈に走り続けることからくる肉体的・精神的苦痛を抑えようと、

私たちの脳が分泌させるβエンドルフィンによるものです。

 

 

飲んでも楽しくないから、飲まなくなる?

 

では、かりに、

 

「内因性オピオイドが、オピオイド受容体に結合する」のを、

邪魔するクスリがあったらどうなるのでしょう?

 

はい、そうです。

 

お酒を飲んでも、

内因性オピオイドがオピオイド受容体に結合しないので、

いっこうに快楽や陶酔が得られません。

 

すなわち、「飲んでも、楽しくならない」ことになります。

 

 

ノディクト(レビアジェネリック)

そんなクスリが、これです。

 

この主成分ナルトレキソンは、たいへん興味深い成分で、

アルコール中毒(依存)ばかりでなく、

麻薬中毒ギャンブル中毒タバコ中毒などにも

有用性を示すことがあるようです。

 

「●●しても、楽しくならな~い。だからもう、●●なんて止~めた…」

 

てな感じです。

 

さらに、このナルトレキソンに、

ブプロピオンという成分を加えた肥満治療薬があります。

 

コントレイブ

コントレイブは「肥満治療薬」とカテゴライズされていますが、

要するに、これ、食欲を抑えるクスリ。

 

「食べても、楽しくならない」から、

食べなくなる → 摂取カロリーが減る → 身体が痩せる(肥満が解消される)

 

というわけです。

 

 

いったい内因性オピオイドとは何なのか?

 

それにしても、どうして人間は、中毒(依存)になるほど、

内因性オピオイド(脳内麻薬)を求めてしまうのでしょうか。

 

そのヒントになると思われるのが、

内因性オピオイドには、身体の抵抗力や治癒力を高める働きがあることです。

 

ことは「気持ちがいい(脳内麻薬)」だけの話ではなく、

強力な鎮痛抗ストレス忍耐力増強免疫系の強化といった作用があることがポイントです。

 

「低用量ナルトレキソン療法」というものがあります。

前述した、中毒(依存)を治癒するクスリとしてのナルトレキソンですが、

これを低用量(中毒治療に使う量の10分の1ぐらいの量)投与すると、

がん、エイズ、自己免疫疾患などの病気の治療に働きかけるとのこと。

 

「え!なんで?」

 

そうですよね、不思議な話です。

 

つまり、ナルトレキソンは、内因性オピオイドがオピオイド受容体に結合するのを

阻害するわけですが、この阻害作用が続くと、身体はその阻害を代償するべく、

逆に、内因性オピオイド(βエンドルフィンやエンケファリン)の産生を高めようとするのです。

こうして、免疫力や抗がん作用が増幅されるというわけです。

 

人間の身体とは、不思議なからくりを示すものです。

 

酒飲みがガボガボとお酒を飲むのは、

単に陶酔を求めての話ではなく、

自身の免疫力/抵抗力/治癒力を高めようとの無意識の力によるのかもしれません…。

 

さいごに、ナルトレキソンに似た働きをもつ、

ロルカセリンを主成分とする肥満治療薬をご紹介。

 

ベルビック

 

未発売なのですが、お値段は百万円超え!(爆)

ウルトラ最新鋭の痩せクスリ。乞うご期待♪

 

以上、JISAスタッフブログでした!

 

 

参考URL:

https://www.medicalnewstoday.com/articles/319468.php

http://www.1ginzaclinic.com/%20naltrexone/LDN.html

http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/b2a2b2677185ef0b3337f9fed7467bc4

 

関連記事

夏になる前にムキムキボディを手に入れよう!

・日頃の鍛錬だけでは満足できないアナタ! ・通常のプロテインだけでは物足りないアナタ!! ・毎日

記事を読む

こってり食事も心配無用!

12月に入り、忘年会シーズン到来ですね。 宴会好きのJISAメンバーは、 今週からすでに忘年

記事を読む

疲れの取れないあなたに。

みなさんこんにちは!JISAです。 気が付けば、もう9月。 夏休みはみなさんどう過ごされまし

記事を読む

猫背をなおして正しい姿勢に!

みなさんこんにちは、JISAです。 今回は、実は様々な健康被害の元となる、猫背とその改善方法に

記事を読む

免疫力UPのカギは腸内にアリ!?

こんにちは。JISAです。 コロナ禍が継続中の年末年始の日本列島は、数年に一度というレベルの

記事を読む

今回は男性限定!ペニス増大アイテムのご紹介♪

皆さま、こんにちは。JISAです。 お寒い中、ご機嫌いかがでしょうか。  

記事を読む

病は気から…ネガティブな気分と炎症の関係

こんにちは!JISAです。 皆さまにおかれましては、そろそろお正月気分も抜けて、 いつも

記事を読む

ラズベリーケトンで、食欲の秋に備えよう!

皆さん、こんにちは。JISAです。 初秋の候、いかがお過ごしでしょうか。 今回のJIS

記事を読む

新コロナ時代における手洗いのコツ7つ

皆さん、こんにちは。JISAです。 健康&美容をモットーとするJISAですので、

記事を読む

ビタミンD不足に要注意!コロナ感染にも影響?

皆さん、こんにちは。JISAです。 米国では10万人を超えたそうです。 なにが?に

記事を読む

知っていますか?男性の更年期

この記事の目次男性の更年期対策・適切な食事をとる・しっかりとした睡眠

みそ汁のパワーに迫る

こんにちは、JISAスタッフです。つい先日、ネットを見ていたらちょっ

梅雨でも紫外線には要注意?!

温かくなってきたし日差しも強くなってきたら、日焼け止めを塗ろ

不安を自然とやわらげる10の方法

ストレス社会の現代において、いつどこにおいても不安はつきまと

上手に昼寝をとって、充実した午後を過ごそう♪

ランチの後にちょっと居眠りをしてリフレッシュ!昼寝には、頭を

→もっと見る

PAGE TOP ↑