*

コエンザイムQ10の健康メリット9つ(その1)

皆さん、こんにちは。JISAです。

本日のブログのテーマは、JISAでも複数取り扱いのある、

「コエンザイムQ10(CoQ10)」(healthline参照)。

 

今回は、こちらをご紹介するのが目的です。

 

■コエンザイムQ10CoQ10)とは?

「エンザイム」は酵素、「コエンザイム」は補酵素の意。

ある酵素の働きを助ける補酵素Q10番、みたいなイメージです。

 

CoQ10は自然に体内で生成され、

細胞内のミトコンドリアに貯蔵されています。

 

「細胞のエネルギー工場」であるミトコンドリアが

エネルギーを作り出すとき、CoQ10が必要となります。

 

つまりCoQ10は、生きとし生けるものの根本である、

エネルギー生産を支えているわけです。

 

そしてもう一つ、CoQ10の大切な役割は、

抗酸化物質として、細胞を酸化ダメージから保護すること。

 

ひとのカラダを構成する細胞のトータル数は、

37兆個と膨大なものですが、一部、赤血球など例外をのぞき、

ミトコンドリアは殆ど全ての細胞内にあり、そこでCoQ10は働いています。

 

CoQ10の別名は、「ユビキノン」

 

たまに耳にする「ユビキタス社会」という言葉のユビキタスは、

「いつでも、どこでも」という遍在性を意味しており、

ユビキノン=CoQ10も細胞のあるところ、カラダのいたるところ

全域にわたって、遍く(あまねく)存在しています。

 

要するに、コエンザイムQ10は、ある意味、

どこにでもある、ありふれた、無くなることが想定されていない、

生き物が生きていく上で欠かすことのできない分子なのです。

 

前述のとおり、CoQ10は、エネルギー生産&抗酸化という、

二つのきわめて重要な働きを担っているので、

CoQ10のレベル低下が、多くの慢性疾患と結び付いてしまうのは、

特段、驚くべきことではありません。

 

サプリメントを推す際よく言われることですが、

CoQ10も、加齢とともに少なくなっていく成分なので、

適切な食生活と同時に、サプリでCoQ10oを補いましょう!

元気&活力あふれる健康維持に役立てましょう!

 

というわけです。

 

CoQ10_300mg120錠(バイタルミー)

 

では、コエンザイムQ10の健康メリットを見ていくことにします。

 

1) 心不全のケア

日本人の死因第1位は「がん」ですが、米国人は「心臓病」。

 

心不全は、冠動脈疾患や高血圧などによって、

心臓と結ばれた動脈や静脈が酸化ダメージを受けたり、

炎症が起きることで発生します。

 

心臓に関わる血管が正常に収縮・弛緩できなくなると、

全身に血液を送り出すことができません。

 

420名の心不全患者を対象にした研究では、

CoQ10を2年にわたり投与したところ、症状が良くなり、

また心臓病が死因となるケースが減少。

 

641名を対象に1年間、CoQ10またはプラセボを投与した研究では、

CoQ10グループは、心不全の悪化の頻度が下がり、

これにまつわる重篤な合併症も減りました。

 

コエンザイムQ10が、エネルギー生産を適正化し、

酸化ダメージを軽減したことで、心臓機能の改善につながったと考えられています。

 

CoQ10 Plus Optimum Heart Health

 

2) 受胎および生殖力を高める

妊孕性(にんようせい)とは、妊娠しやすさを示す言葉ですが、

女性は加齢とともに、卵子の量と質が低下し、妊孕性も低下します。

これにCoQ10が直接関係しています。

 

CoQ10の生産が減ると、卵子を酸化ダメージから、

効果的に保護できなくなり、その劣化がすすむからです。

男性も同様。加齢とともに少しずつ精子が劣化していきます。

 

ある研究では、コエンザイムQ10をサプリで摂ることで、

精子の質と活動性が改善し、濃度も上がったとのこと。

CoQ10のもつ抗酸化パワーのおかげというわけです。

 

イブスーペリアウィメンズマルチ(Now)

 

3) 肌を若々しく

肌は、人体最大の臓器(器官)。

細胞ダメージ、ホルモンバランスの崩れなど内側から、

紫外線、大気汚染などの環境要因は外側から、

さまざまなダメージに晒されています。

 

コエンザイムQ10を直接肌に塗布することで、

これら内側と外側からのダメージを軽減することができます。

肌細胞のエネルギー生産&抗酸化による保護力を高めることによって。

CoQ10のレベルが低い人は、皮膚がんを発症しやすいという報告もあります。

 

極品真珠コラーゲンシワ取りホワイトニングCoQ10マスク

 

4) 頭痛を緩和する

ミトコンドリアの機能がおかしくなると、

フリーラジカルの生産が過剰になり、抗酸化による保護力も低下します。

これが脳内のエネルギー不足を招き、頭痛を引き起こします。

 

コエンザイムQ10は、細胞のミトコンドリア内に存し、

その機能向上をサポートしているので、

頭痛の緩和にも有用と言えます。

 

42名を対象にした研究では、CoQ10はプラセボに比べ、

片頭痛の緩和に対して3倍効果的だったそうです。

 

また、片頭痛に悩む方に、CoQ10不足が見られました。

CoQ10不足の方1550名に、CoQ10を摂ってもらうと、

重い頭痛がましになる、少なくなるという結果が出ました。

 

スーパーユビキノルCoQ10

 

以上、本日のJISAブログは、

コエンザイムQ10の健康メリットのご紹介でした。

 

来週は、残り5つをご紹介いたします。

今後ともJISAをよろしくお願い申し上げます。

関連記事

加水分解されたコラーゲンの効用3つ?

皆さん、こんにちは。JISAです。本日のテーマは、加水分解されたコラーゲン。巷にあふれ

記事を読む

秋といえばダイエット♪減量サプリ12選(その2)

皆さん、こんにちは。JISAです。 先週を受けて、ウェイトロスサプリご紹介の続きです。

記事を読む

ビタミンDが有用!?過敏性腸症候群に♪

  皆さん、こんにちは。JISAです。 まだまだ寒いですね~! などとい

記事を読む

不足しやすい栄養素7つ(1)

皆さん、こんにちは。JISAです。 今回のブログのテーマは、「不足しやすい栄養素」について。

記事を読む

“飲む”日焼け止め、JISAで試してみませんか?

5月も下旬に差し掛かり、 真夏のような強い日差しの日も増えてきましたね。 皆さん日焼け対策は万全

記事を読む

これからの時期にぴったりの新商品!

今回は夏場の汗が気になる方へおすすめの新商品のご紹介! 【パースピレックス・ロールオン】

記事を読む

とっても便利!?JISA会員限定マイページ♪

皆さん、こんにちは。JISAです。   何度かJISAブログで便利機能をご紹介

記事を読む

こってり食事も心配無用!

12月に入り、忘年会シーズン到来ですね。 宴会好きのJISAメンバーは、 今週からすでに忘年

記事を読む

新発売のアイテムをピックUPします!

皆さん、こんにちは。JISAです。 本日のブログは、とくにテーマを設けずに、 新発

記事を読む

師走のストレスに負けない!おすすめサプリメント7選♪

皆さん、こんにちは。JISAです。 師走になりました。なにかと忙しい毎日が続きそうな予感…。

記事を読む

知っていますか?男性の更年期

この記事の目次男性の更年期対策・適切な食事をとる・しっかりとした睡眠

みそ汁のパワーに迫る

こんにちは、JISAスタッフです。つい先日、ネットを見ていたらちょっ

梅雨でも紫外線には要注意?!

温かくなってきたし日差しも強くなってきたら、日焼け止めを塗ろ

不安を自然とやわらげる10の方法

ストレス社会の現代において、いつどこにおいても不安はつきまと

上手に昼寝をとって、充実した午後を過ごそう♪

ランチの後にちょっと居眠りをしてリフレッシュ!昼寝には、頭を

→もっと見る

PAGE TOP ↑